バッカルファットの取り過ぎ、脂肪で修正しよう

559view

バッカルファットとは

バッカルファットとは、頬の内側部分に位置する脂肪体のことを言います。

この脂肪体を除去することによって、丸いフェイスラインや

頬のたるみで生じた法令線やマリオネットラインが解消されると言われています。

このような目的でバッカルファットの除去を検討される方も少なくありませんが、

THE CLINIC 福岡ではおすすめしていません。

なぜなら、バッカルファットを取られ過ぎたとのご悩み相談も当院には多く寄せられるからです。

 

取り過ぎで生じたくぼみの修正

こちらは実際に当院に修正相談にいらしたモニターゲストの方の写真です。

左が修正前になりますが、バッカルファットの取りすぎによって生じた頬のくぼみが確認できます。

頬にくぼみが生じると痩けているように見え、不健康だったり老けた印象になりかねません。

このくぼみに、コンデンスリッチファットという良質の脂肪を注入することで修正を図りました。

症例写真:頬のくぼみ修正

右が脂肪注入後の写真になります。

くぼみが目立たないようになるまで改善しました。

ゲストにも「かなり気にならなくなりました!」と言っていただきました。

 

取り過ぎで生じるその他の失敗例

この脂肪体を除去し過ぎることで生じる問題は、頬のくぼみだけではありません。

THE CLINIC には他にも、たるみが生じてしまったというお悩みでご相談に初来院される方もいらっしゃいます。

また、見た目にもわかるほどの左右差が生じてしまうこともあります。

こういった失敗の原因には、バッカルファットの取り過ぎに加え、

仕上がりのデザインを医師がイメージして行っていなかったことが考えられます。

 

バッカルファットは無理に除去する必要はありません

年齢とともに顔にたるみが生じるのは、バッカルファットの重みでの下垂もあるかもしれませんが、

それ以上に皮下脂肪が減少することで皮膚が張りを失い、たるんでしまうことも要因としてあります。

つまり、バッカルファットを除去することで、余計にたるませてしまう恐れもあるのです。

そのため、THE CLINIC では顔の脂肪吸引を行うにしても、

解剖学的にたるみに影響しない脂肪だけをバランスも考えながら除去します。

また、その際に使用するベイザー脂肪吸引には皮膚の引き締め効果も期待できるため、

マリオネットラインや二重顎も解消できている例もあります。

バッカルファットはお顔の大切な脂肪です。

除去施術をご検討の際は、リスクもよく考慮してみてください。

 

バッカルファットの除去についてより詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
『バッカルファット除去をお勧めしない理由〜実際の失敗画像とともに解説〜』

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医