自信を持って T-shirt が着れます。

1,437view

夏に向けて、

『女性化乳房』 の 御相談 急増中です。

 

女性化乳房は、2種類とよく言われますが、

私は、治療方針から、3種類と説明しています。

 

・ 真性女性化乳房:  乳腺切除のみ

・ 偽性女性化乳房:  VASER脂肪吸引のみ

・ 混合性女性化乳房: 乳腺切除+VASER脂肪吸引

 

 

本日は、混合型女性化乳房のゲストの御紹介です。

 

 

 

まずは、超音波で正しい診断です。

(このゲストの診断は、難しかったです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりデザインします。

 

 

 

 

ベイザー脂肪吸引後、乳腺と脂肪組織の混在した組織を摘出しました。

出来上がりです。

 

 

 

 

ふくらみは改善していますね。

 

 

 

 

取出した組織は、

しっかり取り除いています。

 

夏に間に合うよう、早めに女性化乳房の御相談下さい。

この施術に関する情報

施術名: ベイザー脂肪吸引
治療の概要: ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。術後は脂肪採取部位を圧迫固定。カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。
施術費用(モニター価格): 1部位: ¥280,000〜¥380,000(税込¥297,000〜¥418,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。▷【ベイザー脂肪吸引モニター募集】

施術名:乳腺切除
治療の概要:発達した乳腺の切除を行い胸の膨らみを解消する。
施術費用(モニター価格):乳腺切除法(真性女性化乳房)→ ¥680,000~¥900,000(税込¥748,000〜¥990,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。▷【女性化乳房モニター募集】

副作用・リスク: 施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医