アクアフィリングの治療、全国から問い合わせ殺到中

76view

今年も、たくさんのゲストさんの御相談を受けています。

 

ブログを拝見して頂いたのか、全国からアクアフィリングの御相談を受けています。

 

今回のゲストは、かなり難易度が高い治療になりました。

20代女性で、両胸にアクアフィリングを入れたが授乳が心配で取り出してほしいという依頼でした。

 

術前術後の超音波です。

赤が乳腺

黄色が筋肉

紫がアクアフィリングです。

 

当然のように筋肉の下に注入されていました・・・。

乳腺下の洗浄よりはるかに難し良い状態でしたが、

術前後で紫のアクアフィリングがほぼなくなっているのがご覧いただけると思います。

両胸6L程度の生理食塩水で洗浄しています。

 

 

 

このようにしっかりと診断しながら治療できる美容外科医は非常に少ないです。

悩まれている方は、多数来られますので、是非御相談下さい。

 

アクアフィリングの溶解に関しては、事前カウンセリングを必須とさせて頂いております。

状態をしっかり把握し、溶解するメリットデメリットをしっかり理解してもらってから手術したいからです。

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医