アクアフィリングの末路

231view

アクアフィリングは、柔らかく、溶けやすく、非常に安全です。

と言われていましたが、以前御紹介したように、今は、「危ない」という考えが主流です。

 

どのような意見があろうとも、やはり異物は異物です。

 

ではご紹介します。30代女性、歩いても痛く、寝ていても痛い。

かなりやばい状況でしたので、緊急ドレナージ術を行っています。

 

 

右胸が赤くはれ上がっています。

 

 

 

施術を開始すると、膿があふれ出してきます。

 

感染したアクアフィリングの塊です。

 

左胸7000cc

右胸10000cc

の生理食塩水で洗浄し、両胸にドレンを留置しました。

 

現在、抗生剤通院して頂いております。

アクアフィリング豊胸トラブルの治療については
アクアフィリング豊胸除去外来(THE CLINIC)のページをご覧ください。

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医