ヒアルロン酸の謎

61view

先月、ヒアルロン酸に関しての報告が東京大学からありました。

内容を簡素にまとめますと

ヒアルロン酸の分子の大きさによって、「がんの発症を促す可能性」「がんを抑制する可能性」の相反する効果が認められてという事です。

 

私達の美容領域に対しては

「本研究は若返りや美容を謳ったヒアルロン酸の安易な使用に警鐘を鳴らすものです。」

とはっきり記載されています。

私達も、きちんとゲストに説明していきます。

 

 

先日、30代女性の方が、ヒアルロン酸の溶解と脂肪豊胸の御相談を受けました。

まずは、ヒアルロン酸を溶解しました。

1ヶ月後、脂肪豊胸予定です。

 

 

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医