脂肪を使ったアンチエイジング・SRF が 今、きてます。

コンデンスリッチファット 脂肪

1,252view

今日も東京でした。寒かったですねー。

本日は、脂肪を使ったアンチエイジングを施術の流れを御紹介させていただきます。

まず、太ももの内側・前側より脂肪を採取し、数種類の脂肪を作成いたします。

コンデンスリッチファット 脂肪

 

① CRF:濃縮脂肪、ボリュームになる脂肪
→ 法令線・頬の高さ、マリオネットライン・唇など

② mCRF:脂肪幹細胞が非常に豊富な脂肪、
                非常に細かくボリュームにはならない脂肪
→ 目の下の色味改善など、皮膚のハリ・ツヤをだす。

③ SRF:非常に脂肪幹細胞が豊富
→ 今回使用しなかった脂肪を-190℃で保存し、幹細胞を豊富な状態にする。
SRFよりCRF,mCRFを作成できます。

 

CRF、mCRFを使用し、施術させていただき、余った脂肪をSRFとして保存します。

 

 

 

 

手術時間は、消毒などの時間を含め、2時間程度です。
負担も少なく、午前中の仕事終わりに午後からでも十分可能です。

 

また、次回の施術より、SRF(保存脂肪)を使用しますので、脂肪吸引しなくて良いです。
30分ほど時間で局所麻酔を使用し、御顔のメンテナンスが可能です。

(ゲストの施術希望日に、必要な量のみのSRFを手配します。写真の採取脂肪量ですと、部位にもよりますが5~10回のメンテナンスが可能です。)

 

御自身の脂肪を使った自然なアンチエイジングをされたい方は、ぜひお越しください。

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医