『えぐれ』

1,501view

本日で東京で仕事でした。
大忙しでした。

 

本日は、バック取り出しの術中写真を見ていきましょう。(意外と珍しいと思います。)

『えぐれ』に注目していきたいですが、何故、えぐれるのかと申しますと

長期間、本来スペースのない、乳腺下や筋肉下にバックを挿入する

数年から数十年と長期間にわたり、周囲の組織(皮膚・乳腺・肋骨)は圧排される。
肋骨は、胸腔側(肺側)に徐々に変形し、乳腺や皮膚は、ペラペラになる。
(特に、バックは、重力で下に落ちますので、乳房の下側は、顕著な変化を示します。)

シリコンバッグ 取り出し えぐれ シリコンバッグ 取り出し えぐれ

左バック取り出し直後の写真です。

バック取り出し後の 『えぐれ』 と 『右胸の不自然さ』が顕著ですね。

続いて

シリコンバッグ 取り出し えぐれ シリコンバッグ 取り出し えぐれ

左右取り出し直後の写真です。

『えぐれ』が強いですよね。

「コンデンスリッチ豊胸」 と 「安心育胸」 で、自然な胸を目指します。

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:モニター価格●¥880,000〜1,280,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「コンデンスリッチ豊胸」をご確認ください。

シリコンバッグ抜去:モニター価格●¥200,000〜1,280,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「豊胸シリコンバッグ除去外来」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

志田雅明

約10年間、外科医としてがん治療に従事した経歴を持つ。美容外科への転身のきっかけは、がん治療で携わった女性たちの美への情熱、切実さを目の当たりにしたこと。患者さんの美に貢献したいという思いに火が付いた。性格は明るくポジティブで、何事にも誠実。スタッフ、ゲストを問わず厚い信頼を得ている。

  • 医学博士
  • 外科専門医
  • 消化器外科専門医
  • がん治療認定医
  • 癌学会 English oral session 2015 選抜
  • 外科学会 Young investigator award 2016 受賞
  • マンモグラフィー読影認定医
  • 緩和ケア研修終了
  • 日本静脈栄養学会研修終了
  • BLS ACLS インストラクター
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • BTX Vista認定医
  • Juvederm Vista認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医